データ復旧で大切なこと


大切なデータを失う前に覚えておいてほしいこと
大事なこと
知っているようで実はよく理解していないことってありますよね。
例えば、パソコンの仕組みのはなし。
機会に詳しい男性であれば、ある程度は理解しているのかもしれませんが、 毎日オフィスでパソコンを使っているという女性でも、 仕組みやシステムの話となると、いまいちわかっていないという人も多いものです。
もしパソコンが起動しなくなったら、エラーメッセージが出たら、 パソコン内部から異音がしたら、いったいどう対処すればよいか正確に答えられるでしょうか?

とりあえず再起動してみよう、なんて思う人が多いかもしれませんがこれは実は最もやってはいけないことなのです。


中に大切なデータが入っていたとしたら、そのデータを復旧させなければなりませんが、 データ復旧作業を困難にさせてしまうのが、データの上書きなのです。
再起動を繰り返したり、データに何度もアクセスしようとしてみたり、 明らかに異常に気づいても、電源を入れたままにしておくと、 それだけで、データが上書きされてしまうことがあり、そうなってしまうと、 データを復旧させたくても二度と戻すことができなくなってしまいます。


中途半端に知識があると、ついつい自力でなんとかできないかと考えてしまいがちです。
ですが、必ずしもその対処法がベストなものではなく、かえって症状を悪化させてしまう危険性があると、 理解しておいたほうが良いと思います。データを完全に復旧させたいのであれば、すみやかに電源を切り、 専門のデータ復旧業者に問い合わせてみるのが一番です。
焦って対処してしまうことほど危険なものはありません。

ハードディスクの障害

ちなみにハードディスクの障害には物理障害と論理障害があります。
物理障害の場合はハードディスク自体が壊れていますので、復元ソフトではどうにもできません。
その障害が何の障害なのかを素人が判断するのは難しいですから、やはりプロに頼ったほうが良いと思います。
またデータのトラブル御意見番のようなサイトを参考にするのも一つの方法だと思います。